八王子 歯科 矯正歯科 小児歯科 インプラント
HOME
ご案内
院長あいさつ
当医院が心がけていること
院内風景
診療時間・アクセス
スタッフブログ

診療案内
診療の流れ
小児歯科
矯正歯科
ホワイトニング
歯周病治療(歯のクリーニング)
審美歯科
インプラント
消毒と滅菌、医療廃棄物
自費診療料金表

インフォメーション
よくある質問
患者さまの声
スタッフ募集
お問い合わせ・メール相談等
リンク集
プライバシーポリシー

歯科  八王子   矯正
 歯周病治療と歯のクリーニング

自分のお口のにおい(息のにおい)気になりませんか?


・歯に茶色あるいは黒色のものがついている

・口の中がネバネバすることがある

・口臭(食べ物が腐ったようなにおい)が気になる

・歯と歯の間に食べ物がつまることがある

・歯グキから出血したり膿が出ることがある

・歯が少し揺れている

・歯と歯の間のすき間が開いてきた

・歯グキがはれることがある
 
         ↑

上記の症状が思い当たる方は歯周病です。

歯周病ってどんな病気?
@歯の表面につく細菌の出す毒素によって、歯の周り(歯グキや歯を支える顎の骨)が
  なくってしまい、放っておくと歯が抜けてしまう病気です。

A歯が抜けるにも関わらず、初期段階では自覚症状がほとんどありません。

B明らかな自覚症状が出る頃には、かなり進行しています。

C一度進行してしまうと、完全に元の状態には戻りません。



ではいったい、どのようにして歯周病になるのでしょうか?

1、歯石の付着
普段歯みがきを一生懸命していても、どうしても落としにくいのが「歯石」と言われるものです。
歯石とは、歯垢(食べかす等)が固まってできたもので、表面がザラザラしているので細菌が
つきやすくなります。

2、歯グキの炎症
歯石についた細菌はやがて、周囲の歯グキに炎症を引き起こし、出血が始まります
(歯グキから血がでた経験がある方は多いと思いますが、これは体が出しているサインです。)

3、顎の骨の炎症
歯グキの炎症がさらに進行すると、歯グキから膿が出たりひどい口臭の原因となり、          やがては顎の骨を溶かす原因となります。

歯の写真
手術前→手術後

歯周病はひどくなる(進行してくる)と…どうなる?


「歯が1本ぐらいなくなってもたいした事ないのでは?」と思われる方がいる
かもしれませんが、それは間違いです。

お口の中で都合よく1本だけ歯周病になるなんて方はまずいません。
(皆さん良くご存知の「ガン」もよほど早期発見しない限り、たいてい気づかないうちに
他の臓器に転移してますよね。)


歯周病が進行してくると

→歯グキが下がり、以前より食べ物がつまりやすくなる
  ので歯みがきを丁寧にしないと、歯周病がさらに進行する

→食べ物がつまりやすく歯が悪いので、かみやすい物(やわらかい食べ物)を食べる
  傾向が強くなる
  あるいは、悪い部分を避けるようなかみ方になり全体のバランスが崩れてくる

→自分の歯に適したかみ方しかできなくなる

→かたい物を食べられるしっかりした歯の本数がだんだん減ってくる
  あるいは、今まで健康だった歯の負担がだんだんと増えて悪くなる

→次第に顎に力が入らなくなり、だんだん骨や筋肉が衰える
  また、顔に張りがなくなる
  場合によっては脳への伝達も鈍くなる
  どんどん歯の本数が減っていく

→仕方なく入れ歯へ

→自分の歯で食事をするのと違い、入れ歯での食事は
  かみ心地はあまり良くなく、美味しくない


                           と多くの方がなります。

歯周病の細菌毒素は全身へも影響を及ぼします

歯周病の予防について
加齢現象で(生きているだけで)年々目減りする顎の骨ですが、歯周病におかされている
場合には骨が目減りするスピードが更に加速します。

『なるべく顎の骨がなくならないようにし、少しでも長く自分の歯を長持ちさせる』
そういう予防と治療が歯周病には欠かせません。

歯周病の予防では、

・それぞれの方に合ったブラッシング(歯みがき)の仕方
・歯ブラシ以外の補助的な清掃器具の使い方
・生活習慣の改善
・歯科医院等での定期的な汚れの除去

                     がとても大切です。


歯周病治療(歯のクリーニング)について
当医院での歯周病治療(歯のクリーニング)は、歯周病の検査後に歯石やその周囲に存在する細菌を超音波や器械的器具にて取り除きます。
普段の歯ブラシでは取りきれない歯石、色素沈着(茶しぶなど)、たばこのヤニの除去も行います。
これらは蓄積すると、歯周病菌をお口の中に繁殖させ、口臭を放つ原因にもなります。

また必要に応じて、歯周病菌を減少させる白血球と同じ殺菌成分であるHClO(次亜塩素酸)と
歯周病菌の作り出す毒素を破壊する効果があるNaHCO3(炭酸水素ナトリウム)を含んだ薬液による
クリーニングを行います。

クリーニングは汚れの度合いにもよりますが、歯グキの上と歯グキの内側の汚れを数回に分けて
治療します。
そして3〜4ヶ月に1回のクリーニングを続けることにより、単に歯の白さを維持するだけでなく、   
歯周病の進行やムシ歯を食い止めることができます。

歯周病はムシ歯と同じように重症になればなるほど、治療も難しく時間もかかりますし
歯を失う確率も高くなりますので、定期的な検診とクリーニングはとても大切です。


歯のクリーニングと同時に、舌の清掃、古くムシ歯になった詰め物の治療を行うことにより、確実に  口臭も減っていきます。


歯の写真
手術前→手術後

歯の予防と治療(クリーニング)のみのご予約も承ります


当院が心がけていること

自費治療について

マリン歯科クリニック

----SITE MAP----------------------------------------------------------------

COPYRIGHT(C)2009 八王子 マリン歯科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.