診療案内 歯周病治療とクリーニング

こんな症状はありませんか?

歯に茶色あるいは黒色のものがついている

口の中がネバネバすることがある

口臭(食べ物が腐ったようなにおい)が気になる

歯と歯の間に食べ物がつまることがある

歯グキから出血したり膿が出ることがある

歯が少し揺れている

歯と歯の間のすき間が開いてきた

歯グキがはれることがある

上記の症状が思い当たる方は、歯周病の可能性があります。

歯周病は歯が抜けてしまう病気です

  1. 歯の表面につく細菌の出す毒素によって、歯の周り(歯グキや歯を支える顎の骨)が
    なくなってしまい、放っておくと歯が抜けてしまう病気です。
  2. 歯が抜けるにも関わらず、初期段階では自覚症状がほとんどありません。
  3. 明らかな自覚症状が出る頃には、かなり進行しています。
  4. 一度進行してしまうと、完全に元の状態には戻りません。

ではいったい、どのようにして歯周病になるのでしょうか?

1、歯石の付着
普段歯みがきを一生懸命していても、どうしても落としにくいのが「歯石」と
言われるものです。
歯石とは、歯垢(菌と食べかす等)が固まってできたもので、表面がザラザラしているので
細菌がつきやすくなります。

2、歯グキの炎症
歯石についた細菌はやがて、周囲の歯グキに炎症を引き起こし、出血が始まります。
(歯グキから血が出た経験がある方は多いと思いますが、これは体が出しているサインです。)

3、顎の骨の炎症
歯グキの炎症がさらに進行すると、歯グキから膿が出たりひどい口臭の原因となり、
やがては顎の骨を溶かす原因となります。

 

 

歯周病はひどくなる(進行してくる)と…どうなる?

「歯が1本ぐらいなくなってもたいした事ないのでは?」と思われる方が
いるかもしれませんが、それは間違いです。

お口の中で都合よく1本だけ歯周病になるなんて方はまずいません。

(皆さん良くご存知の「ガン」もよほど早期発見しない限り、たいてい気づかない
うちに他の臓器に転移してますよね。)

歯周病が進行してくると

歯グキが下がり、以前より食べ物がつまりやすくなるので

歯みがきを丁寧にしないと、歯周病がさらに進行する

食べ物がつまりやすく歯が悪いので、
かみやすい物(やわらかい食べ物)を食べる傾向が強くなる

あるいは、悪い部分を避けるようなかみ方になり全体のバランスが崩れてくる

自分の歯に適したかみ方しかできなくなる

かたい物を食べられるしっかりした歯の本数がだんだん減ってくる
あるいは、今まで健康だった歯の負担も増えて、歯の本数はさらに減っていく

次第に顎に力が入らなくなり、骨や筋肉が衰え、顔に張りもなくなる

食べ物をしっかりかめず、胃腸をはじめとした全身への負担と免疫力の低下

免疫力の低下と歯周病菌の毒素により、全身への影響が広がる

となります。

歯周病の細菌毒素は全身へも影響を及ぼします

歯周病の予防について

ここまでお伝えしましたように、歯周病は単に歯だけの問題だけではなく、
全身へ影響を及ぼす恐ろしい病気です。

 

すごく恐い病気だからこそ、早めに「予防する」ことがとても大切です。

 

生きているだけで体は老化し、年々顎の骨は減っていきますが、
歯周病におかされると、骨が減るスピードが更に加速していきます。

 

『なるべく顎の骨がなくならないようにし、少しでも長く自分の歯を長持ちさせる』

 

そういう予防治療が歯周病には欠かせません。

 

歯周病の予防では、

 

それぞれの方に合ったブラッシング(歯みがき)の仕方

歯ブラシ以外の補助的な清掃器具の使い方

生活習慣の改善

歯科医院等での定期的な歯石(細菌のかたまり)の除去

 

がとても大切です。

歯周病治療(歯石の除去と歯のクリーニング)について

当医院での歯周病治療は、歯周病の検査後に歯石(細菌のかたまり)を
超音波や器械的器具にて取り除きます。

普段の歯ブラシでは取りきれない色素沈着(茶しぶなど)、たばこのヤニの除去も行います。
これらは蓄積すると、歯周病菌をお口の中に繁殖させ、口臭を放つ原因にもなります。

また必要に応じて、歯周病菌を減少させる殺菌成分である次亜塩素酸と
歯周病菌の作り出す毒素を破壊する炭酸水素ナトリウムを含んだ
薬液によるクリーニングを行います。

歯周病菌の活動を抑制するうがい薬の処方も行っております。

 

歯石の除去とクリーニングは汚れの度合いにもよりますが、歯グキの上と歯グキの内側の汚れを
数回に分けて治療します。
3~4ヶ月に1回定期的に続けることにより、単に歯の白さを維持するだけでなく、
歯周病の進行やムシ歯を食い止めることができます。

 

歯周病はムシ歯と同じように重症になればなるほど、治療も難しく
時間もかかりますし歯を失う確率も高くなりますので、定期的な「予防」が
とても大切です。

口臭の測定について

「自分の口の中のにおいはどの程度なのだろうか?、他人に迷惑な口臭はないだろうか?」

口臭ガス測定器を使用して、一度測定してみたい方は、担当医にお気軽にご相談ください。